FXデイトレ

FX取引のしくみ

FXとは、ドルやユーロなどの外国為替を売買し、差益が発生する為替取引です。

基本は、円が一定時間上がると予想される場合には、「買い注文」する。逆に円が、下がると予想される場合は、「売り注文」するというものです。

FX取引には、投資信託や外貨預金などでは使われない難しい用語が多数用いられます。

 

FX取引に関するキーワードからFX取引のしくみを説明します。

レバレッジとは、英語で「てこ」を、意味します。少ない資金で大きな資金を動かすという意味です。

つまり、少額資金で大きな取引をすることです。

 

スワップは、スワップ金利などの言葉で用いられますが、本来の意味は「交換」です。

そのため、スワップは、「金利の交換」を意味します。FX取引の場合は、ある通貨を売り、別のある通貨を買うということです。売った通貨や買った通貨両方の金利が支払われます。

 

スプレットは、売値と買値両方を表示する取引です。

例えば、1ドル100円10銭から20銭の範囲で取引されている場合、ドルを買う場合は、20銭で購入し、10銭で売却した場合に差益がら10銭ということになります。

 

pipsは、FX取引における最小単位です。

例えば、日本円の場合、1銭の値は、1pipsです。ドルやユーロなどは、0.01pipsです。近年は、0.1銭単位での取引が可能です。

 

スリップページは、取引において、成行注文を行った場合、注文の施行と実際の相場の判定の際に、「ズレ」が生じることを意味します。

 

証拠金は、FX取引の際に、証券会社預ける資金のことです。

この資金をもとに、FX取引が可能になります。注意すべき点は、差益決済取引において、差益が発生した場合にのみ、支払われます。

証拠金維持率は、実際に投資をしている投資額に対する証拠金の割合を意味します。維持率は業者により異なります。

マージンコールは、相場の変動などで、基準の額を下回った場合に、発生します。俗にいう「追証金」のことです。

基準の額を下回った場合には、FX業者に支払います。

 

FXを始める上で、しくみとして理解するキーワードは、上記に述べるものが一般的です。

他にも、強制決済や信託保全といったキーワードがあります。

 

FX取引には、多少なりともリスクが伴います。先に述べたキーワードの意味を理解し、取引を始めることが、大切です。FX取引は、簡単なようで実はしくみを理解していない場合に難しい取引です。

FXを始めたい方は、しっかりとしくみを理解して取り組むことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメのFX業者です
DMM FX
全20通貨ペアで業界最狭水準!