FXでは平日24時間市場が開いているので、
デイトレをする際には
短期から比較的長期まで
保有時間が幅広いです。

そんなデイトレでは、
この保有時間というのが
実はかなり重要で、
ここを抑えておくだけでも
トレードの質が上がったりします。

 

そんなデイトレの保有時間ですが、

「どのくらいの保有時間が最適なの?」

なんて疑問に思うこともあるでしょう。

 

しかし、最適な保有時間というのは、
実は簡単に知る事ができるので、
今回はその方法をお伝えします。

 

デイトレで最適な保有時間を簡単に知る方法

自分自身のデイトレで
最適な保有時間を知る方法は
非常に簡単です。

“自分のトレード記録を見るだけ”

これに尽きます。

 

多分、拍子抜けしたと思いますが、
本当にこれがベストなのです。

 

なぜなら、デイトレのトレード手法は
1つに決まっているのではなく、
無数にあるわけですよね。

そして、その無数にある手法の中で
あなたが使いやすいと思った手法を
自分で選んで使っているわけです。

 

しかも、あなたが今使っている手法を
選んだということは、
“その手法が自分に合っている可能性が高い”
ということも意味します。

ということは、
デイトレの最適な保有時間は、
自分の利益になったトレードを調べれば、
一発でわかりますよね。

 

例えば、自分のトレード記録から、

・勝ちトレードの平均保有時間:1時間
・負けトレードの平均保有時間:30分

といったことが判明したとしましょう。

 

これによって、デイトレをした際に
トレード時間が30分を超えたら、

「利食いになる可能性が高いな」

といった目安ができます。

 

その為、デイトレで最適な
保有時間を知るには、
単純に自分のトレード記録から
チェックをすればいいだけです。

 

平均最大含み益時間を出すのも良い

もし、利益を伸ばして、
トレールをするような場合は、
デイトレの保有時間に加えて、
各トレードの最大含み益の時間も
出すのがオススメです。

 

例えば、デイトレ時の平均保有時間と、
最大含み益の時間を調べて、

・平均保有時間:1時間
・最大含み益時間:45分

といった平均時間が出たら、
自分がエントリー後含み益が乗って、
40経ったぐらいから、

「あ、そろそろ利益がMAXになるな」
「この時間に来てから
チャートが崩れたしたら利食いをしておこう」

といったように、
利食いの準備をすることもできます。

 

これによって、
利益を取りこぼす幅を
最小限に抑えることもできます。

だから、もし、あなたのデイトレが
利益を伸ばすスタイルなら、
最大含み益の平均時間も
チェックした方が良いです。

 

保有時間をチェックすると良い項目とは?

上記では、
デイトレの最適な保有時間を
簡単に知る方法をお伝えしました。

 

ここからは、
私が個人的にチェックしていて、
更にトレードの精度を上げるのに
役立った保有時間について
特別に教えます。

 

通貨別保有時間をチェック

FXでデイトレをする場合、
トレードチャンスはそこまで多くないので、
複数の通貨をトレード対象に
する事もあると思います。

私もデイトレをする際は
5通貨監視しながらトレードをしています。

 

そして、実は各通貨には
値動きの癖があって、

・短時間で大きく動く通貨
・時間をかけて動く通貨

といったように、
通貨によって保有時間が変わります。

 

特に、ポンド円などの、
ボラティリティが高い通貨は
保有時間が短くなる傾向があるし、
オージー円などの
ボラティリティが低い通貨は
保有時間が長くなる傾向があります。

 

時間帯別の保有時間をチェック

FXには、

・オセアニア時間
・アジア時間
・欧州時間
・欧米時間

といったように、
市場別に時間帯があり、
しかもボラティリティも
大きく変わってきます。

 

その為、自分の売買記録から
エントリー時間帯別に
保有時間をチェックすると、
自分のデイトレが

「どの市場でどのくらいの
保有時間なのか?」

といったことがわかるので、
ここから逆算して、
「寝る〇〇時間前はトレードしない」
なんてルールを作る事もできます。

 

私の経験上、

アジア時間:保有時間長い
欧州~欧米時間:保有時間短い

といった傾向が出ています。

 

買いと売りの保有時間をチェック

更に買いと売りの保有時間も
チェックすると、
トレードの質が意外に上がります。

 

例えば、買いと売りってFXでは、

・買い:ロング
・売り:ショート

なんて呼びますよね。

 

世界中でこのように
呼ばれているということは、

・買いの保有時間は長くなる
・売りの保有時間は短くなる

といった傾向がある事がわかります。

 

その為、
自分のデイトレの記録をチェックして、
もし、この症状が逆転しているなら、

“適した時間帯やエントリーポイントで
トレードができていない可能性が高い”

ということがわかります。

 

デイトレが上手くいかない人は
意外にこの傾向があるので、
ここもチェックした方がいいです。

 

以上が、デイトレで
チェックした方がいい
保有時間になります。

 

まとめ

今回は、デイトレで
最適な保有時間について
私の考えをお伝えしてきました。

 

デイトレには、
最適な保有時間はあるのですが、
使う手法によって、
それは大きく変わってきます。

その為、”この保有時間が最適”
という決まりはなく、
自分の売買記録からわかるものです

 

ですから、もしあなたが、
デイトレの最適な保有時間について
知りたいのであれば、
まずは自分の売買記録を
チェックしてみましょう。