FXではデイトレとなると、

・5分足
・15分足
・1時間足
・4時間足

といった辺りが一般的でしょうか。

1分足だとスキャルピングで、
日足以降だとスイングになるので。

 

では、これらの時間軸のデイトレでは、
難易度はどうなっているのでしょうか?

これだけデイトレに種類があると、
さすがに難易度は変わってきますからね。

 

そこで今回は、
デイトレの難易度について
お伝えしていきます。

 

時間別のデイトレの難易度はどうなっている?

では早速、
デイトレの難易度についてですが、
難易度が高い順に並べると、

難易度高↓↓

・5分足
・15分足
・1時間足
・4時間足

という順番になります。

 

要するに、
短期のデイトレになるほど難しく、
長期のデイトレになるほど簡単になります。

特に15分足と1時間足の境が大きく、
1時間足以上のデイトレになると、
一気に簡単になります。

 

では、なぜ短期のデイトレほど
難易度が上がり、長期のデイトレほど
難易度が下がるのでしょうか?

 

その主な理由として、
複数の時間足を分析する数になります

 

デイトレをする場合、
常にトレンドの方向を意識して
トレードをする必要があります。

 

しかし、

・5分足は上昇トレンド
・1時間足は下落トレンド

といったように、
各時間軸でトレンドが変わります。

 

その為、各時間足での
トレンドを上手く合わせないと
ぐちゃぐちゃなトレードになって、
損切りを連発する可能性があります。

 

そして、この複数時間足の
トレンドを上手く合わせる作業は
時間軸が短くなるほど
見る時間軸も増えていくので、
難易度が上がっていくのです。

 

例えば、下記チャートは5分足ですが、
5分足の流れだけを見ると、
下落トレンドとなっています。

だから、黄色マル辺りで
売ったら利益になりそうですよね。

 

しかし、その後の動きを見てみると、
以下のようになりました。

 

売った場所がほぼ底値になって、
大きく上昇していってますよね。

これの理由としては、
1時間足を見ればわかります。

 

1時間足だと短期上昇トレンドで、
しかも反転する可能性が高い場所で
売りエントリーをしていたのです。

 

このように、
短期足のデイトレになると、
視野が狭くなって
短期足だけを見てしまい、
全体の流れが見えなくなりがちです。

これによって、
本来は買うべき場所で売る事をしてしまい、
失敗する確率も上がるので、
デイトレの難易度も難しくなります。

 

一方で1時間足以上のデイトレになると、
4時間足や日足を見ずに
1つの時間足だけを見ていても、
トレンドを間違えることが少ないので、
トレードが物凄い簡単になります。

 

例えば、下記チャートは
1時間足なのですが、
黄色マルで買いを考えているとしましょう。

 

この際に同時に4時間足と
日足のトレンドもチェックしてみると、
以下のようになりました。

 

4時間足

 

日足

 

上記のように、
4時間足や日足を見ても、
安値と高値が切り上がっているので、
上昇トレンドが出ていることが
わかりますよね。

 

このように
1時間足以上のデイトレになると、
複数の時間足を見なくても、
トレンドに沿ったトレードができるので、
難易度が一気に下がります。

 

因みにトレードは
時間軸が大きくなるほど簡単になります。

その為、トレードの難易度は、

スキャルピング>デイトレ>スイング

といった感じになって、
スイングが一番簡単になります。

 

どの時間軸のデイトレが一番オススメ?

デイトレ自体は
時間軸が短いほど難易度は高く、
時間軸が長いほど難易度は低くなります。

 

しかし、そうはいっても、

“時間軸を長くすると、
トレードチャンスが減るし、
時間軸を短くすると難しくなる”

といったように、
各時間軸のデイトレでも、
欠点は出てきます。

 

その為、どのデイトレがベストなのかは、
正直なところ、
その人のトレードレベル次第です。

 

更に、

・トレード回数を多くしたい
・チャートをあまり見ずにトレードしたい

といったように、性格によっても、
どの時間軸が適しているか変わってきます。

 

だから、
一概に決めることはできないのですが、
1つの目安としては、

“複数の時間軸を使っても、
トレンドを見誤らずにトレードができるか?”

といった点を中心に
見ていった方が良いでしょう。

 

仮に、チャートに張り付いて、
1日に何回かトレードをしたくても、
複数の時間足を正しく判断できなければ、
資金を失うだけです。

その場合、1時間足以上のデイトレにして、
トレードの難易度を下げた方が
よっぽど利益を出せるようになります。

 

それに1時間足以上のデイトレで
安定した利益を出せるようになれば、
15分足などの短期のデイトレをしても、
トレンドを間違える事は
ほとんどなくなっているはずですから。

 

まとめ

今回は、デイトレの難易度について、
私の考えをお伝えしてきました。

デイトレにも、
いくつか時間軸があって、
短期になるほど難易度は上がり、
長期になるほど難易度は下がります。

 

ですから、デイトレをするなら、
今の自分のトレードレベルを見て、
それに合った時間軸を選んでいくと
変な遠回りをせずに済むでしょう。

 

もし、自分がトレードをする
時間軸が決まっているけど、

「トレードルールが決まっていない」

という場合は、
ルールの作り方について
書いた記事があるので、
良ければ参考にしてみてください。
FXでデイトレのルール作りに役立つ3つの方法とは?